アフターピルの効果|低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう

低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう

アフターピルの効果

オレンジの薬

低用量ピルは毎日服用することで徐々に避妊効果を高めていく避妊薬でした。
それに比べ、アフターピルは毎日服用する必要がありません。
アフターピルは性行為後72時間以内に服用することで高い避妊効果を発揮してくれる避妊薬です。
男性がコンドームをきちんと着用した状態で性行為をしていたものの、破損してしまって避妊できなかった、というアクシデントもあり得ます。
また、女性が性的暴行に遭ってしまうというイヤなニュースもよく報道されています。
こうしたときに活躍してくれるのがアフターピルです。
事後からでも避妊効果を発揮してくれるため、万が一の事態に陥っても妊娠を回避できる可能性があるのです。

アフターピルも体内のホルモンバランスを崩し、妊娠時期のホルモンバランスに近づけることで着床や排卵を抑制します。
この点は低用量ピルと同じなため、その避妊効果にも期待できるのですが、問題は効き目の強さです。
低用量ピルは毎日徐々に体を変化させていましたが、アフターピルの場合は性行為の服用1回で急激にホルモンバランスを変えてしまいます。
「緊急避妊薬」と呼ばれていることからもわかるように、緊急事態にはたいへんありがたい避妊薬なのですが、それだけ身体にかかる負担は大きくなってしまいます。
強い頭痛や吐き気に襲われることもあります。
性行為後1度の服用で避妊できるからといって、「あとからアフターピルを飲めばいいし」と避妊を怠るのはやめておきましょう。
身体への負担が大きいことに加え、アフターピルも数%の確率で避妊を失敗することもあります。
最初から頼り切るのではなく、最終手段として使用するようにしましょう。