低用量ピルの効果|低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう

低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう

低用量ピルの効果

たくさんの薬

まず低用量ピルについて紹介していきましょう。
基本的に避妊薬での避妊と言うと、この低用量ピルを使った避妊を指します。
低用量ピルは毎日継続して服用することで避妊効果を発揮する避妊薬で、基本的には28日間を1サイクルとしています。
きちんと毎日服用することでどんどん避妊効果が高まり、確実性が増しますので、飲み忘れには注意しておきましょう。
飲むタイミングに関しては特に規定がないため、みなさんが忘れず服用できるタイミングで習慣付けておくことをオススメします。

低用量ピルといえばトリキュラーやマーベロンが有名で、産婦人科から処方してもらうことができます。
低用量ピルを服用することで、体内の女性ホルモンを妊娠時により近づけることができ、それによって着床や排卵を抑えることができるのです。
また、ホルモンバランスを乱すことによって、乱れた生理の周期を改善することもできます。
このことから、生理痛や生理不順の治療に用いられることも多いです。
また、癌の予防やニキビ解消への効果も期待できます。

ただし、高い避妊効果を発揮する反面、副作用が生じる可能性もあるので注意しましょう。
体内のホルモンバランスを強制的に崩してしまうことから、頭痛や吐き気が生じる可能性があります。
ですが、これらの副作用はどれも軽度なものとなっており、低用量ピルの服用を続けていくことで次第に体が慣れ、副作用も解消されていくので安心してください。
また、低用量ピルを服用したからといって、永遠に妊娠できなくなるわけではありません。
服用をやめれば、また2~3週間で妊娠できる体に戻りますので安心してください。